【レビュー】ボダムやハリオじゃなくても美味しい!パール金属フレンチプレスは入門におすすめ

便利グッズ

ずっと気になっていたフレンチプレス。

淹れたコーヒーは好みが分かれるようなので、いまひとつ踏ん切りがつかず、ボダムやハリオを買っても無駄になるんじゃないかと躊躇してました。

無印が安くて評判がいいのですが欠品続き。
調べてみると百均にもあるということなので近所のダイソーに行くと550円(税込)で売っていました。

よくみるとフィルターとカップの間に隙間があって、粉がまぎれそうなのでやめました。

キッチン用品で有名なパール金属からも出ていました。
口コミを調べてみると、

 ポイント
  • 価格も税込みで1,000円ちょっととリーズナブル
  • 日本メーカーのパール金属製
  • コーヒーに粉がまぎれることもほとんどない

しっかりした作りでよさそうなので早速買ってみることにしました。

結論としては、迷っていればぜひ買ってみてください。
美味しいコーヒーが味わえます!

ここでは商品到着から飲んでみた感想までまとめてみましたので参考にしてみてください。

記事を読むまでもなく購入したいせっかちな方はこちらからどうぞ!

パール金属「ブレイクタイム」(HB-552)が届いた!

アマゾンで購入、いつもの置き配

いつものようにアマゾンで購入。
夜にポチっとしたら翌日には出荷、翌々日には到着しました。

意外にしっかりした梱包ですね。
いつものようにビリビリっとオープン。

パッケージは一見タリーズ風

外のパッケージはこんな感じです。
安っぽさはなくて、どちらかというと高級っぽい!?

箱を上から見ると、一瞬タリーズ!?
妻が後から見てタリーズで買ったの?というくらいですから私だけじゃないみたい。

取り出します!

コーヒープレスの外観はカッコいい!

外観はいい感じです。
ちょっと伝わりくいかな。

フィルターもしっかりした作りです。
安心しました!

ホルダーもしっかりしています。
ガラスコップをつけてみました。
いい感じ。

さっそくコーヒーを淹れてみた

コーヒープレスと一緒にはいっていた「取扱説明書」に従って淹れてみます。

少し多めにお湯を沸かして、少し沸いたところでいったんガラスカップを温めます。

温めている間にさらにお湯を沸騰させ、カップにコーヒーをいれて、沸いたお湯を注いで、3分ちょっと待ちます。

試しに一人分を作ってみました

お試しでひとり分を作ってみました。

作り方はとても簡単、プレスして出来上がり!

作り方はいたって簡単ですね。

コーヒーはタリーズのハウスブレンド

タリーズで豆を買って、お店で粗挽きにしてもらいました。

待ってる間にちょっとしたサービスが、うれしいですね。

飲んだ感想:喉ごしすっきり雑味なく美味しい!

飲んでみて思ったのは、

喉ごしスッキリで専門店で飲むコーヒーのよう。美味いっ!

妻も飲みたいということでもう一度作って感想を聞くと、

あなたがいうようにすっきりしていて美味しいけど、挽きたてのコーヒーだからじゃない?

という疑問が残りました。

そこで紙フィルターのいつも使っているコーヒーメーカーで作って飲み比べてみました。

 結論

フレンチプレスで淹れたコーヒーのほうが、雑味がなくすっきりして美味しい!

デメリット!?でも大丈夫!

フレンチプレスのデメリットはやはり後片付け。

ガラスカップの底にたまったコーヒーの粉とプレスフィルターについた粉の処理ですね。

シンクにそのまま流してしまうと詰まりやすくなるので注意が必要です。
はっきりいって面倒です。

おすすめは、ストッキング生地?の排水溝水切りネットを使う方法です。

↓こんなのです。100均で安く手に入れましょう

面倒くさがりの私でもコーヒーの美味さには勝てず、今のところ続いています。

他のフレンチプレスを試したことはありませんが、とても満足。
いろんな人におすすめしています。

迷っているなら絶対「買い」です!

でもやっぱり有名メーカーの方がいい、という方はボダムがおすすめ。
まとめていますので参考にしてみてください。

関連記事 フレンチプレスのコーヒーが美味しい!迷ったらスタバも認めたボダムがおすすめ!