【ハイセンスエアコンのレビュー】家電量販店で中国製エアコンを買ってみた!お買い得の定番!

便利グッズ

暑い季節になってきましたが、エアコンがついていない部屋があったので、急いでよくいく家電量販店へ向かいました。

今回購入したのは、
中国メーカー ハイセンス(Hisense)のエアコン
という6畳用モデルです。

事前にチラシを見ていたので、購入するエアコンのあたりはつけていましたが、店員の説明を聞くと揺らぎますね。

繁忙期なので、メーカからの営業支援も多く、こちらのニーズを伝えても、自社製品を進めてくるのには辟易しました。

過去何度かエアコンを購入していますが、我が家では使う機能は「除湿」と「冷房」のみ。
エアコンの暖房は空気が乾燥するため、冬場はまったく使いません。

初期のお掃除ロボ搭載モデルを購入しましたが、年中動かしているわけではないからか、効果がわからず、業者にエアコンクリーニングを頼むと、通常より高い!というおまけつき・・・

などなど、過去の経験から以下をポイントとして購入しました。

  • 自動掃除機能はいらない。シンプルな機能で十分。
  • メーカはこだわらない。
  • デザインはださくない。
  • とにかく安く。

ちょっと中国製品は、と品質面で躊躇しましたが、家電量販店の5年保証付き、ということで決めました。結局日本製品でも、高額商品以外は海外製なので変わらないか、と割り切りました。

いい製品で安いエアコンが欲しい、という方に参考になればと思い、レビューします。

【レビュー】ハイセンス(Hisence)のエアコン

エアコンが我が家にやってきた

設置場所は2階の寝室。
業者の方が室内機を運んできました。

もう1枚。
Hisenseのエアコンはシンプルに1機種で適用部屋サイズの違いだけのようです。

開梱

中から取り出した感じ。
背面はあまり見ることがないのですが、まあ、こんなものなんでしょうね。

業者の方に伺うと、外観は日本の某メーカとそっくりだそうです。

設置工事中(室内)

ご覧の通り、コンセントだけ。

壁の向こうをチェックしながら、穴をあけます。
ぽっかり空いてますね。

外から見るとこんな感じ。

配線・配管

配線、配管です。

こんな感じで配管完了。

室内機設置完了

室内機が設置されました(電源はまだ)

続いて室外機設置

ちょっと狭くて邪魔だったので化粧カバー設置後です。
きれいな作業ですね。

室外機設置前。

設置されました。

試運転

設置完了したので試運転です。

リモコンはこれ。
いたって普通ですね。なくさないようにしないと。

改めてポイントチェック

デザインは?

お店では他メーカのエアコンと比較していましたので、部屋に設置した感じも悪くないですね。

反対にどっしりした感じで、しっかりした作りのようで安心感があります。

機能は?

シンプルに「冷房」「暖房」「除湿」「送風」の機能。
タイマーは入り・切り両方あります、「おやすみ」モードもあります。

温度設定は、0.5度単位で可能。いいです。

設置後、説明を聞きましたが、「内部クリーン」という機能があります。
これは、エアコン内部を乾燥させて、カビや臭いの発生を抑制する機能だそうです。

うれしいですね。

価格は?

購入時、お店で一番安い価格でした。
標準工事費込みで5万円台前半(税込)

この標準工事というのが曲者です。
2階の設置だと、「パイプ」と「化粧カバー」の延長が必要になり、+15,000円(税込)前後はかかります。

コロナのエアコンが+6,000円(税込)でしたが、今回は思い切って中国製を選択しました。少し不安でしたが、カード購入で5年間の保証が付いたのも決めた理由ですね。

まとめ:ハイセンスのエアコンはいい感じ!

まだ使い始めてあまり時間がたっていませんが、全く問題ないですね。

設置してくれた業者の方にいろいろ話しを聞きましたが、

ハイセンスのエアコンはここ数年数が増えてきています。

結構設置してますが、個体差もなく、いいエアコンだと思いますよ。

日本の某エアコンと外観はそっくりなので、OEMも手掛けてるのかもしれませんね。

また、家電は機能がシンプルなほうが壊れにくいから、いい選択だと思いますよ。

プロ(街の電気屋さん)に言われると、なんだか安心できますね。

まずはこれで今年の夏は安心です!